STEP UP – 私たちが目指すビジョン -
サービスマネージャー 江尻 浩二(1991年入社)「継続こそ成長への近道」

「継続こそ成長への近道」

サービスマネージャー 江尻 浩二(1991年入社)

Q. 現在の仕事内容は?

整備工場の運営や管理全般が主な業務内容です。
サービスマネージャーとして、目標・売上の進捗管理や工場設備の維持・管理をし、サービスエンジニアやサービスアドバイザーの役割に対する動機付け、モチベーションアップ、サポートを行うことで、いかにサービススタッフ が効率よく業務ができるかを日々考えています。
また、店長や営業スタッフ、事務スタッフも含め店舗スタッフ全員の相談役でもあり、彼らのサポートやフォローも大きな役割だと思っています。

STEP UP – 私たちが目指すビジョン - 「継続こそ成長への近道」

 

STEP UP – 私たちが目指すビジョン - 「継続こそ成長への近道」

Q. 今まで仕事をして嬉しかったことは?

全国トヨタ店のサービスエンジニアが整備技術や接客応対などを競う「サービス技術コンクール」があります。
今から10年以上前ですが、社内選抜を通過し、富山トヨタ代表として地区大会に出場することが決まりました。「富山トヨタ」の看板を背負って中部地区大会で準優勝、続く全国大会にも出場することができました。全国大会までには、日々勉強し、何度もトレーニングを繰り返し、大変忙しく辛いこともたくさんありましたが、少しずつ力が身につき結果を残せたことは嬉しかったです。そして、当時の自分の技術力を試す良い機会にもなりました。
またトヨタ自動車株式会社が企画した、全国トヨタ販売店のスタッフ紹介に選ばれ、新聞広告に出たことも思い出のひとつです。

 

Q. 部下を教育する上で心がけていることは?

部下といえども、自分の意思を持ったひとりの立派な社会人なので、あまり細かい指示はせず要点だけを伝えて、仕事の進め方などはある程度任せるようにしています。
なぜそれをやらなければならないのか、もしやらなければ結果どうなるのかを考えさせ、自分で気付かせるように心がけています。自発的に考え行動しなければ個人の成長にもつながらないからです。
そして部下や上司など関係なく「人の話は最後まで聞く」「まず最後まで聞いてから自分の意見や考えを言う」ことは必ず指導するようにしています。

STEP UP – 私たちが目指すビジョン - 「継続こそ成長への近道」

 

入社から現在まで

(入社)

  • 1991年

    1年目

    ランドマーク・ソティに配属。その年に国家検定3級を取得。
    早く仕事を覚えて一人前の整備士になりたかった。

  • 2005年

    15年目

    富山トヨタの代表としてサービス技術コンクール中部地区大会に出場し準優勝。
    全国大会にも出場し、自分の技術力を磨く大変貴重な体験ができました。

  • 2008年

    18年目

    サービスアドバイザー(サービスフロント)になる。
    サービスエンジニアの時はとにかく目の前の車を整備する、与えられた仕事を正確にこなす、といったことを中心に考えていましたが、サービスアドバイザーになると、お客さまとサービスエンジニアとのつなぎ役になります。それまでの経験を活かし、お客さまにわかりやすく説明することを心掛けました。

  • 2011年

    21年目

    サービスマネージャーになる。
    サービススタッフが効率よく仕事できるよう、働きやすい環境作りを心掛けています。また、作業の進捗管理や設備維持、実績管理などの店舗運営にも注力しています。

(現在)

 

Q. 学生へのメッセージ

ただ漠然と会社を選ぶのではなく、自分がやりたいこと(夢・目標・目的)を明確に持ち、「それを実現できる!頑張れる!」と思える会社を自分の目でしっかりと見て就職活動をしてほしいと思います。
また学生のうちから、将来の基礎となる力をつける努力もしてほしいです。
深い知識がなくても、「上司や先輩をよく観察して、技術をたくさん吸収しよう!」「お客さまには明るく元気な挨拶をしよう!」など向上心や積極性がある人なら必ず成長し活躍できます。
日々進化する自動車の先進技術に対して自ら進んで学び、地道に継続して努力し続けると結実します。みなさんのことを応援しています。頑張ってください!

STEP UP – 私たちが目指すビジョン - 「継続こそ成長への近道」